困ったときには債務整理

| 未分類 |

世の中には借金の返済に苦しむ人はたくさんいます。借りたものは返すのが筋ですが、どうしようもなくなることもあるかもしれません。そうなる前に債務整理を検討してみましょう。

債務整理とは、法律で守られた借金の解決方法の総称です。この債務整理には任意整理、民事再生、自己破産と大きく3つの方法に分けられます。
まず、任意整理とは、借金を返したい気持ちはあるけど、利息までは返せそうにないという場合などに適した方法です。任意整理は公的機関を通すことなく、債務者と債権者の話し合いで返済額を減らすことができます。借金額が比較的少なく、返済する能力があり、これから先もある程度の収入が見込めるならば、任意整理で解決するのがよいでしょう。

次に、民事再生とは、家や車は手放したくないけど自己破産もしたくないという場合に適した方法です。ただし、住宅ローンは対象外になるので、住宅ローンの返済に困っている場合には不向きです。そして、民事再生もこの先収入が見込める人が対象となります。原則3年間で返済しなければいけないからです。また、デメリットとしてブラックリストに掲載され、一定期間借入できなくなります。

最後に、自己破産とは、すべての借金を帳消しにすることができる方法です。ただし、家や車など自分の財産を手放さなければなりません。自己破産すると、借りたものを返さずに済むため、少々後ろめたい気持ちになるかもしれません。しかし国が定めた救済措置なので本当に困った時には、追いつめられる前に利用するのがよいでしょう。
どの債務整理の方法をとったとしても、個人で進めるのは賢明ではありません。借金を確実になくしたいのであれば、費用がかかったとしても弁護士に頼むのがよいです。しかし、弁護士に頼むと言っても、弁護士を見つけることから始めなければいけません。実績のある法律事務所を見つけたら、まず無料相談を利用してみましょう。自分に合った債務整理で、少しでも借金返済の苦しみから逃れられることをお祈りしています。