連帯保証人にはなるな

| 未分類 |

「借金の連帯保証人にだけはなるな。」死んだおじいちゃんの遺言だという人もいるでしょうか。実際よく知られたことですよね。連帯保証人になると、場合によっては何か大変なことになるかもしれない予感はするものの、どうしてこれほどまでに言われるのでしょうか。

 

連帯保証人とは、お金を借りた人と連帯してお金の返済を負担する人のことです。要するに、連帯保証人になると、自分が借りたわけではないのに、お金を借りた人と同じ立場になるということになります。そのため、お金の貸し手が実際にお金を借りた人ではなく、連帯保証人に対してお金を返済するよう求めることができるのです。

 
連帯保証人になってしまったせいで、借金返済の肩代わりをしなければならなくなり、人生が狂うといった話は実際にあることです。お金を借りた人が自己破産すればよいのではないかと思うかもしれません。しかし、たとえお金を借りた人が自己破産しても、連帯保証人の責任は免責されないのです。お金を借りた人の返済義務がそのまま連帯保証人へ転換するだけです。このように連帯保証人になると非常に重い責任が伴うのです。
もし、連帯保証人になってほしいと頼まれたらどうすればよいでしょう。自分が借りたお金だと思えるのならば、連帯保証人になっても構わないでしょう。

 

そうでないのならどんなに親しくて信頼できる相手でも絶対に断るべきです。なんといえばよいか分からない場合は、きっぱり一言「NO」と言えばよいのです。理由を聞かれたとしても、「無理なものは無理」と言えばいいのです。連帯保証人になって、借金を肩代わりする覚悟がないなら、相手に期待させるようなことを言ってはいけません。

「迷惑だけは絶対かけないから」この言葉に惑わされてはいけません。本来背負わなくてもよい借金を背負って転落していく人生も考えられるのです。もし連帯保証人になってほしいと頼まれたら、縁を切るつもりで全力で断りましょう。