» 未分類のブログ記事

困ったときには債務整理

| 未分類 |

世の中には借金の返済に苦しむ人はたくさんいます。借りたものは返すのが筋ですが、どうしようもなくなることもあるかもしれません。そうなる前に債務整理を検討してみましょう。

債務整理とは、法律で守られた借金の解決方法の総称です。この債務整理には任意整理、民事再生、自己破産と大きく3つの方法に分けられます。
まず、任意整理とは、借金を返したい気持ちはあるけど、利息までは返せそうにないという場合などに適した方法です。任意整理は公的機関を通すことなく、債務者と債権者の話し合いで返済額を減らすことができます。借金額が比較的少なく、返済する能力があり、これから先もある程度の収入が見込めるならば、任意整理で解決するのがよいでしょう。

次に、民事再生とは、家や車は手放したくないけど自己破産もしたくないという場合に適した方法です。ただし、住宅ローンは対象外になるので、住宅ローンの返済に困っている場合には不向きです。そして、民事再生もこの先収入が見込める人が対象となります。原則3年間で返済しなければいけないからです。また、デメリットとしてブラックリストに掲載され、一定期間借入できなくなります。

最後に、自己破産とは、すべての借金を帳消しにすることができる方法です。ただし、家や車など自分の財産を手放さなければなりません。自己破産すると、借りたものを返さずに済むため、少々後ろめたい気持ちになるかもしれません。しかし国が定めた救済措置なので本当に困った時には、追いつめられる前に利用するのがよいでしょう。
どの債務整理の方法をとったとしても、個人で進めるのは賢明ではありません。借金を確実になくしたいのであれば、費用がかかったとしても弁護士に頼むのがよいです。しかし、弁護士に頼むと言っても、弁護士を見つけることから始めなければいけません。実績のある法律事務所を見つけたら、まず無料相談を利用してみましょう。自分に合った債務整理で、少しでも借金返済の苦しみから逃れられることをお祈りしています。

連帯保証人にはなるな

| 未分類 |

「借金の連帯保証人にだけはなるな。」死んだおじいちゃんの遺言だという人もいるでしょうか。実際よく知られたことですよね。連帯保証人になると、場合によっては何か大変なことになるかもしれない予感はするものの、どうしてこれほどまでに言われるのでしょうか。

 

連帯保証人とは、お金を借りた人と連帯してお金の返済を負担する人のことです。要するに、連帯保証人になると、自分が借りたわけではないのに、お金を借りた人と同じ立場になるということになります。そのため、お金の貸し手が実際にお金を借りた人ではなく、連帯保証人に対してお金を返済するよう求めることができるのです。

 
連帯保証人になってしまったせいで、借金返済の肩代わりをしなければならなくなり、人生が狂うといった話は実際にあることです。お金を借りた人が自己破産すればよいのではないかと思うかもしれません。しかし、たとえお金を借りた人が自己破産しても、連帯保証人の責任は免責されないのです。お金を借りた人の返済義務がそのまま連帯保証人へ転換するだけです。このように連帯保証人になると非常に重い責任が伴うのです。
もし、連帯保証人になってほしいと頼まれたらどうすればよいでしょう。自分が借りたお金だと思えるのならば、連帯保証人になっても構わないでしょう。

 

そうでないのならどんなに親しくて信頼できる相手でも絶対に断るべきです。なんといえばよいか分からない場合は、きっぱり一言「NO」と言えばよいのです。理由を聞かれたとしても、「無理なものは無理」と言えばいいのです。連帯保証人になって、借金を肩代わりする覚悟がないなら、相手に期待させるようなことを言ってはいけません。

「迷惑だけは絶対かけないから」この言葉に惑わされてはいけません。本来背負わなくてもよい借金を背負って転落していく人生も考えられるのです。もし連帯保証人になってほしいと頼まれたら、縁を切るつもりで全力で断りましょう。

奨学金を借りるのは慎重に

| 未分類 |

奨学金という言葉を耳にしたことがある人はたくさんいるでしょう。また、現在奨学金を借りている、または学生時代に奨学金を借りていたという人もたくさんいると思います。ここでは、奨学金制度の内容や気をつけたい点などを説明していきたいと思います。

 
奨学金を貸与する団体はいくつもありますが、ここでは日本学生支援機構が運営する奨学金を例にとってみます。

 

日本学生支援機構の奨学金はいくつかの種類に分けられていて、無利息の第一種奨学金と利息付の第二種奨学金の他に、利息付の入学時特別増額貸与奨学金があります。第一種奨学金と第二種奨学金は成績や経済的理由によって選考されます。

進学し勉強するために借りる奨学金。奨学金と言えば聞こえがよいかもしれませんが、奨学金とは、お金を借りる=借金なのです。当然のことながら返済する必要があります。

 
しかし、就職して間もなく始まる奨学金の返済は、経済的にも負担が大きいです。そこで、便利な制度として、第二種奨学金の返済をするにあたっては、返還期限猶予というものがあります。この制度は、年収額などにより奨学生自身に返還する事が困難な場合、届け出ることによって返還を一時的にストップすることができる制度です。また、猶予している間は利息がかからないのも大きな利点としてあげられます。

日本経済の低迷から、年々借りる人が増えている状況にある奨学金。いまや、奨学金を利用している大学生はおよそ5割にも上ると言われています。しかし借りる人が増えていく一方で、もし返済が滞ってしまった場合には、厳しい取り立てが待っていることも知っておかなくてはなりません。返済を延滞すると、年10%もの延滞金を課せられること、3か月間滞納するとブラックリストに掲載されます。ブラックリスト入りしてしまうと、クレジットカードやローンを利用することが困難になります。

進学するために家庭の経済状況で仕方なく奨学金を借りる人も多いと思います。奨学金を借りるからには、自覚を持って学生生活を送り、卒業後にはきちんとした返済計画を立てなければいけません。